【幸せ報告】茶々・麦編

久しぶりニャ~♪ 店長の息子のメタ太郎ニャ♪ 今日は僕の1歳年下の弟の茶々と妹の麦が、ずっとのおうちで幸せになっているから報告するニャ♪

茶々と麦のずっとのおうちには、先住猫ちゃんがいたんだニャ。最初は、“誰やお前~シャー!”って言われたんだってニャ。でもあきらめずに“仲良くしてニャ~”って寄り添っていったら、許してくれたんだニャ♪

そして、茶々と麦のお父さんとお母さんは、なんか二人でごちそうを食べているから、いっつも気になるんだってニャ♪

茶々と麦もやっぱり、ずっとのおうちは落ち着くニャ~って♪ お父さんからスリスリされると気持ち良いんだ~って言ってたニャ♪

卒業の時も書きましたが、茶々と麦と我が家の愛猫の母猫は、プロをもってしても捕まえられない警戒心のすばらしく強い母で、そんな母親から英才教育を受けて育ったので、最初の警戒心は見事なものでした。

茶々と麦の里親様も最初は先住猫ちゃんとの関係とかしんどい時期もあったかと思いますが、一緒に寝てくれるまで愛情を注いでいただきました。

この家系の女性は気高いため、麦ちゃんがデレデレするのは、もう少し時間がかかりそうとのことです。